闇金業者というのは、正規な金融機関ではありません。

国に届けを出している業者ではない、所謂違法な業者なのです。ですから、法律で決められた金利などは無視してお金を貸します。弱者を見つけては甘い言葉でお金を貸すのです。闇金を利用する人は、ほとんどが金融機関からお金が借りられない人と言えます。そんな人にこそ、闇金はお金を貸すのです。どこからもお金を借りられない人ですから、貸す方は有利な立場と言えるでしょう。ですから闇金は法律で決まられた範囲を超えた利子を付けて貸すのです。闇金からお金を借りる側も、高い利子とわかっていても、借りるのです。こうなってしまうと、借りた人の生活がどんどん苦しくなっていくのです。そうならないために、収入内での慎ましい生活をすることが大事なのです。しかし、現状お金がない以上、借りるしかないということなんでしょう。このような状況の人を闇金業者はどうやって探すのでしょうか。どのようにして接点を持つようになるのでしょうか。まずは、
ダイレクトメールや電話などで借り入れの誘いをするようです。このような人のデータを闇金業者はどこからか仕入れてくるのです。気を付けてください。もちろん
会社名は全く信用できません。
最近の闇金業者は大手金融機関の名前をそのまま利用しています。巧みに近づいてくるのです。こちらから
電話をかけても全く違ったところにかかる仕組みです。名のある
大手からお金を借りるつもりがいつの間にか闇金から借金をしてしまったと言うケースまであるのです。こうなってしまったら「国民生活センター」に相談しましょう。
支払っていた高い利子は支払う必要はありません。それは法外だからです。違法ですから、相手は犯罪を犯しているのです。闇金業者はまた、無資格の可能性が高いですから、その存在自体も違法なのです。ですから法律を盾に取れば一切の支払い義務はなくなるのです。
必要なら警察に届けることも構いません。全てが違法と言えますから、闇金で苦しめられている人は、とにかくまず相談することから始めるべきなのです。http://www.xn--eckp2gy535apyua4lj12g.com/なども参考にどうぞ。

 

 

 

更新履歴